そもそも土地や建物の名義変更とは何ですか?

土地や建物などの不動産について名義変更という言葉を良く耳にします。

名義変更とは何なのか、自分でもできるのか、お話ししてみます。

■法務局に行って必要書類を提出。

不動産の名義は、すべて法務局に登録されています。

土地や建物の名義変更を行う場合には、最寄りの法務局に関係書類の一式を提出して、記載漏れや不備がなければ名義変更が受理されます。

この名義変更が完了するまでは不動産の名義は移行できませんので、名義人本人以外が売買したり、土地を担保に融資を受けたりすることができません。

ただし名義人の許可があって、売買や融資の書類に署名捺印があれば、名義変更されていなくても売買は可能です。

■頑張れば自分でもできるけれど。

土地や建物の名義変更については、不動産名義変更手続センターなどの専門家に依頼しなくても、頑張れば自分で行えます。

しかし実際に自分でやってみるとわかりますが、必要書類には素人には理解できない難解な文言が多く、自分で行った場合は不備が何回も発生します。

そのたびに法務局の窓口で指摘され、何回も出直しといったことになります。

時間があって勉強のためというなら別ですが、そうでない限り自分でやるのはおすすめできません。

■司法書士に支払う報酬はわずか3万円とか5万円の範囲です。

不備の訂正や書類のそろえ直しで苦戦するより、はるかに安上がりです。

家屋や土地の名義変更・売買を、費用がもったいないから自分でやろうとする人がいます。

しかしとくに不動産売買ではトラブルの発生が多く、悪用されるケースさえあります。

司法書士は弁護士と同じ法に通じた専門家ですから一任したほうが無難です。