土地や建物の名義変更と税金滞納の一括処理は?

土地や建物、マンションなどの名義変更には、複雑な問題が何重にも絡んでいる場合があります。

どのように解釈して専門家に依頼すれば良いのか考えてみましょう。

■司法書士に名義変更の目的を告げておく。

土地や建物の名義変更には贈与税が絡んできます。

固定資産税の納付や離婚のための費用とは別物になります。

まず名義変更の手続きを終えてから、次に固定資産税、その後に離婚のための費用というステップになります。

ただし固定資産税は順位が高いので、あらかじめ司法書士に名義変更の目的を告げておく必要があります。

名義変更のための費用と、固定資産税納付のための不動産売却は、同時進行になります。

■司法書士と弁護士のテリトリー。

家屋や土地の名義変更、あるいは不動産売却などは司法書士のテリトリーです。

離婚に絡む財産分与には、弁護士の関与が必要になる場合があります。

司法書士に依頼した最初の時点で、片付けたい問題を箇条書きにして相談しましょう。

また名義変更する土地や建物に住宅ローンなどの残債がないか、担保にした借り入れがある場合は、金融機関から送られてくる返済予定表や契約時の明細書を用意しておきましょう。

もちろん名義変更の対象となる土地や建物の図面なども必要になります。

■土地・建物の名義変更、滞納している固定資産税の処理などを並行して行うことは可能ですが、手続きは順番に行って片付けていきます。

すべての問題を並行して行うのは可能ですが、手続きには優先順位があるので1つずつ片付けていくことになります。

まず土地・建物の名義変更を行って、それから一部を不動産売却し換金します。

それで税金を納付し、次に離婚のための費用を確保するといった手順になります。