土地や建物の名義変更でもめています。解決策は?

土地・建物の名義変更では、遺産相続の問題と絡むことが多いため、トラブルは起こりがちです。

弁護士を代理人とし、協議に入るのが賢明な方法です。

■本来は遺産分割協議書で争いを回避。

土地・建物の名義変更と財産分与の問題は表裏一体です。

名義人本人が他界されてしまうと、基本的に贈与は法定相続人の権利となりますから、受贈者はそれまで行き来がなくても急に訪ねてきたり、弁護士を通じて贈与の権利を申し入れてきたりするものです。

本来であれば生前に「遺産分割協議書」を作成しておけば問題ないのですが、これは遺言と同じか、それ以上の手間と心労のかかる作業。

ほとんどの人が作成していません。

■弁護士どうしを代理人に立てて協議。

遺産分割協議書とは、土地や建物の名義変更を行う前に、法定相続人などに対し、遺産分割の了承を取り付けておくもので、正式な文書、受贈者の同意と署名捺印が必要になります。

面倒ですが、これを行うことで不動産名義人は自分の死後のトラブルを避けることができ、受贈者も骨肉の争いをしないで済みます。

このような手続きがなく、すでに弁護士を通じた書面での申し入れがある場合は、こちらサイドでも弁護士を立てて協議に臨む必要があります。

■土地の名義変更などには、そこに負債が残っていないかを調査し、プラスとマイナスを洗い出してから、名義変更・遺産相続を行いましょう。

名義変更して遺産相続する場合は、住宅ローンなどの残債も引き取ることになります。

法律事務所に連絡して弁護士に相談・依頼し、まず負債の有無を確認してもらいましょう。

自分でもできます。

遺産の分割については弁護士を代理人として交渉に入ります。

法のプロに委任することで、当事者どうしのストレスも軽減できます。

■おすすめ記事のご紹介:相続時精算課税の選択|贈与税|国税庁